FC2ブログ

Pとこの一冊 第3回 薄荷風味P「クッキングパパ/うえやま とち」

寄稿にあたって、僕が大切にする一冊(1シリーズ)ってどれだろう、と考えた。
最初のお二方が活字だったので、僕も活字ものでちょっとカッコよくいきたいな、それなら「燃えよ剣」とか「岳物語」あたりは書けそうだな、とか、でも大切にしている一冊とはいえないからせめて「パパ聞き」とか「護くん」とかじゃないだろうか、とか。

ところが。いざ書こうとして筆を執ると、内容を思い出せないのだ。
いや、楽しかったし、心に残るものがあるシリーズだったし、生き様のカッコよさとか芯の強さとかあったじゃないか、と文章を書き起こしてみたのだが、やはり駄目。
記憶を無理やり引き起こして「大切な」一冊たりえるだろうか。否、ただの虚栄ででっちあげることだけはどの本も教えてくれなかったじゃないか、と気づく。


だから、僕はカッコつけるのをやめることにした。

No3 薄荷風味P用2


僕が「大切に」する一冊(……というには多すぎる)シリーズは「クッキングパパ」だ。
現刊行冊数にして122巻。ウチには全巻ほぼ初版で揃っている。第一回の掲載が1985年で、当時、僕は生まれてすらいなかった。

物心ついたときには、その赤い背表紙がずらりと本棚に一列揃っていた。一回目の料理だった「イタリアン鍋」や初期に登場する「いそぎんちゃん」なんかを食べて育った。

僕が荒岩家の息子、まことを追い抜いたのは中学生のときだ。本棚の赤い背表紙はいつの間にか2列になっていた。
その頃になって、僕もクッキングパパを読むようになった。

まことが中学を卒業する頃、僕も高校を卒業した。大学に入って、アルバイトしながら、漫画以外のレシピも読むようになった。

就職して一人暮らしして、失敗して、地元でもう一度就職したときにはもうまことが大学生になっていた。本棚は5列ほど、赤い背表紙で埋まっていて、変わらず荒岩家は荒岩家だった。
そして今、僕はレシピを見ながらその味を想像するまでにいたった。

つまり、僕の人生は、傍らに荒岩家があったと言っても過言ではなかった。

さて、どれだけ大切な本かということを語った上で、この本の魅力について改めて考えてみた。

まずひとつが、主要な登場人物がコレだけの年数を経て、まだ増え続けることだ。家族の誕生だけでなく、少しずつ交友関係が増えて、その輪を大きくしていく。かといって新参の読者が入りづらいわけではない。

ふたつめが、バトルものではないという点。料理というと、同じく長期連載の「美味しんぼ」や「ミスター味っ子」「華麗なる食卓」、最近始まった「食戟のソーマ」、あるいは実写の「料理の鉄人」など、バトルをすることで盛り上げる風潮があることは否めない。読者がわくわくする展開を望むのなら、料理という地味なジャンル故、そうせざるを得ないということだ。
それをしなかった料理漫画は「味いちもんめ」と「クッキングパパ」くらいのものじゃないだろうか。
料理は人を笑顔にする、それを体現する漫画、と言える。

もうひとつ。緩やかではあるが確実に経年していることも忘れてはいけない。息子や娘が成長し、主任だった彼が係長、課長と昇進する。普通長寿漫画といえば、サザエさん時空に囚われていつしか成長しなくなるものだが、この漫画にそれは来ない。たぶん、きっとこれからも。


ただのレシピブックという読み方もあるだろうが、もし目を向けられるのならば、一度通して読んでみることをお勧めしたい。
そこに荒岩家は息づいていて、成長を続けていて、彼らを取り巻く喜怒哀楽がきっと心を豊かにしてくれるだろう。僕がそうだったように。

new_No3 薄荷風味P用

----------------------------------------------------------------------

Author:薄荷風味P

あずささんの迷い道天国(公開マイリスト): http://www.nicovideo.jp/mylist/32417852

Twitter @Mint_FlavorP

----------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真人間P

Author:真人間P
「Pとこの一冊」寄稿者募集中
開催期間 4/19~5/25
詳しくは、「寄稿について」参照。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR