FC2ブログ

Pとこの一冊 第14回 DAT3P「センネン画報/今日マチ子」

はじめまして、DAT3Pと申します。PVと、ときどきノベマスを投稿している者です。


私が今回紹介する本は、今日マチ子さんの「センネン画報」です。

No14 DAT3P用


「センネン画報」は、今日マチ子さんがブログでほぼ毎日描いている『風景と叙情の1ページ 漫画』をまとめたもの。今日マチ子さんの1ページ漫画は、きれいな淡い色が特徴的です。1ページの中には、いつも水色が見えます。私は、その色をさっぱり晴れた空の色ではなく、揺らめくような水の中の色という印象を受けます。



風景とは、目に映る広い範囲のながめ。ある場面の情景・ありさま。
叙情とは、自分の感情を述べ表すこと。

感情を表すには、なにかしら言葉が必要なことが多い。だけど、この本には言葉が少ない。あるのは、風景と少女と少年。ユーモアと痛みと水色。風景の中に、ないはずの言葉や感情が見える気がする。そのままの行為がなくても、「ああ、そういうことね」とわかる。なんだかわかってしまう。タイトルからは想像できないことも最後にはタイトルで落ちる。言葉の意味を目で読む漫画なのかなと思っている。それはすごく面白い。


私がこの本を買ったときに、「これは、毎日1ページずつ読めば素敵なのでは」なんて思ったけれど、ページをめくればそのまま最後まで読み耽ってしまう。『感動する』は、ない漫画だと思うけれど、心は揺すぶられる。何度も『ああ、いいなぁ』が味わえる。青春のきらきら・切なさ・残酷さが詰まっている。そのほかにも感じ取れることはたくさんあると思う。「こんな青春だったらいいのに」と思えない青春もある。でも、「こんな切ない感じも嫌いじゃない」と私は思う。


「センネン画報」はいままでに2冊出ています。「センネン画報」には2005年から2007年くらいまでの作品、「センネン画報 その2」には2008年から2010年までの作品が収録されています。2冊とも描き下ろしの長編漫画も収録されています。「センネン画報」は、最初の32ページまではカラー。そのあと扉絵以外はカラーではありません。『その2』の方は、オールカラーです。読んだことのない方におすすめするならば、こちらをぜひ。だけど、最初に出た方に収録されている漫画ももちろん素敵です。私は、「センネン画報」に入っている『空を撮る』が大好きです。


誰かに本を贈るなら、この本を選ぶと思います。そのくらいこの本のことが好きです。水色が好きなひとや気になるひとにぜひおすすめしたい本です。


----------------------------------------------------------------------

Author : DAT3P

公開マイリスト
DAT3P:http://www.nicovideo.jp/mylist/33431673

----------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真人間P

Author:真人間P
「Pとこの一冊」寄稿者募集中
開催期間 4/19~5/25
詳しくは、「寄稿について」参照。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR