FC2ブログ

Pとこの一冊 第12回 グリグリP「時計館の殺人/綾辻行人」

今回、私グリグリがピッ冊にて紹介させていただくのは、
第45回日本推理作家協会賞を受賞した作品、綾辻行人氏の「時計館の殺人」です。

No12 グリグリP用


~鎌倉の森の奥深くに佇む、内部を百八もの時計によって埋め尽くされた不気味な館「時計館」。
 そこでは、十年前のある事件を皮切りに多くの人々が命を落とした。
 時が経ち、心霊スポットと化したその館へと足を運ぶ若者達に殺人鬼の魔の手が迫る。~

...といった内容の、いわゆる「吹雪の山荘」系のミステリー小説です。
この手の小説はなかなかに古典的ですが、綾辻氏はデビュー作「十角館の殺人」で鮮烈デビューを飾っており、日本ミステリー界へのその多大な影響力から「新本格ミステリー作家」とも言われております。
「鮮烈なデビュー」「ニコマスダンスPVへの影響力」「本格というより新本格」
こうやって要素を羅列すると僕がニコマスにはまるきっかけになったPとイメージが近いですね。
誰かって?ググればすぐに分かりますよ!ww

話を戻しましょう。

この小説(といっても綾辻氏のミステリー小説全般に言えることですが)のおもしろいところは、巻頭に登場人物の一覧および時計館の見取り図があることです。
話を読み進めながら、「この人物はどういう人だったっけ」とか、「今主人公が歩いているのはどこなのか」といったことを手軽に確認することができます。
そうすることによって、より没入感のあるミステリー体験をすることができます。

そして、僕が「時計館の殺人」を特におすすめする理由は、なによりそのトリックです。
緻密に張り巡らされた数多の伏線がドミノ倒しのように解決していくクライマックスの爽快感は、数ある綾辻ミステリーの中でもトップレベルだと思います。
「あぁこれも伏線だったのかww」「だからあの人はあんな反応を...」「こんな他愛のない描写まで!?」
と、思わず声を上げてしまいそうになるあの結末は一見の価値アリです!

そんなわけで今回は「時計館の殺人」を紹介させていただいたわけですが、他の「~館の殺人シリーズ」だってもちろんおすすめです。

クライマックスのびっくり仰天っぷりが群を抜いている「十角館の殺人」
最後の最後にぞっと悪寒を感じる「水車館の殺人」
小説内小説という形式を巧みに利用した「迷路館の殺人」
館シリーズの中でも最も異色といわれる「人形館の殺人」
老人の手記をもとに過去の事件を追う「黒猫館の殺人」
原稿二六〇〇枚を超える、小説四作分の超大作「暗黒館の殺人」
ミステリーというよりもホラーに重点をおいた「びっくり館の殺人」

こんな具合で、館シリーズだけでもこれほどのバリエーションがあります。
そんな中でも特にミステリーの醍醐味であるトリックの爽快感を味わいたい方は時計館の扉をたたいてみては?

静かに時を刻み続ける時計と、不気味な住人があなたの来訪を待っていますよ...。

----------------------------------------------------------------------

Author:グリグリP

公開マイリスト
投稿動画 : http://www.nicovideo.jp/mylist/34754359

Twitter @GuriguriP

----------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真人間P

Author:真人間P
「Pとこの一冊」寄稿者募集中
開催期間 4/19~5/25
詳しくは、「寄稿について」参照。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR