FC2ブログ

Pとこの一冊 第11回 あごひげックス「論語/貝塚茂樹」

実は最初、この企画に寄稿するにあたって、この本を取り上げようと考えていました。

No11 あごひげックス用1


『ウンココロ/寄藤文平・藤田紘一郎』という本なのですが、端的に言えばウンコのことが図解つきでコミカルかつ親切に描かれてる内容になっています。
ただまあ問題なのがホントにそれだけの内容でして、とりわけ深い教訓のようなものがあるわけではなく、ただただウンコについて語られているだけなのです。ウケ狙いにしてもこれはアカン、ということで今回取り上げるのはこちらの本になります。

No11 あごひげックス用2


『論語/貝塚茂樹』です。「まあ論語とウンコ、発音的に似てるしね」とか言ったら論語愛読者の方に怒られそうなのでやめておきましょう。
改めまして、あごひげックスと申します。ニコニコ動画などでアイマスの手描き二次創作をやらせていただいてますので、よろしければそちらもご覧ください(ステマ)。

さて、私がこの本と出会ったのは大学1年生のときになります。講義の中で論語(原典の方)を扱うことになり、その読解のために適当に手をつけたのがこの貝塚氏の『論語』です。それまでも高校の授業なんかで論語を扱うことはありましたが、自分から論語について勉強したのは、おそらくこれが初めてだったと思います。
皆さんのイメージがどういうものかは分かりませんが、実は論語というのは簡単なことしか書いてありません。「親・目上の人を大事にしましょう」「礼節を重んじましょう」「勉強クッソ楽しい」。ただ、ほとんどの人間が教育活動の中でこの文章に初めて触れるものですから、どうしても難しいイメージを抱いてしまっているのだと思います。私もそうでした。
以前中学生や高校生と話す機会があったとき、こういう漢文って好き?と聞いたら、良い返事はあまりありませんでした。理由を聞くと、「なんか漢文ってパッと見じゃわかんないし」。「わかりやすかったら読むの?」「うん、それは、まあ」。そのとき私はすでに今回取り上げている『論語』に出会っていたものですから、「なんともったいない!」と、そんな気持ちを抱いたのを覚えています。

そういった流れでその学生にも『論語』を勧めたのですが、論語に少しでも興味のある人にぜひ読んでほしいのが、この貝塚氏の『論語』です。正直、自分の中で思い出補正のようなものもあるのですが、とても優しい文章で説明してくれているので、初めて論語を読むという人にもわかりやすいつくりになっています。白文(漢字のみの文)、書き下し文、解釈という内容になっているので、前知識が無くてもしっかり頭に入ってくるのが、この本の最も良いところです。注釈書とまではいかないけれども、知りたいところをしっかり抑えてくれる、まるで進○ゼミのような一冊ですね。たとえとしてはあまり良くないかもしれませんね。

これは私個人の考えですが、論語というものがこれだけ広まって根付いている以上、おおよその人が論語っていうのは良い文章だと認識してると思っています。ただそのとっつきにくさから、授業で習うような有名な一節しか知らない。それが現状じゃないかなぁと。
また、この本の良いところは論語全文を載せていないということです。この本自体はとても薄いですから、これで興味を持ったら論語本文を探してみたり、もっと詳しい注釈書を探すのもアリじゃないでしょうか。そういった意味でも、非常に初心者向けの一冊になっています。
『論語』まえがきで、貝塚氏は次のように述べています。

 論語は孔子の一生の経験が結晶したような本です。(中略)私は、あなたといっしょに、この結晶の美しさを、すなおに感心してみるところから始めたいと思います。そしてつぎに、この結晶をもうすこしていねいに眺め、さらに、思いきってこれを手にとって、その美しさの秘密がどこにあるか、詳しくしらべてみることができたら、とも思います。

 この文章からも貝塚氏のねらいが少し分かるような気がします。論語そのものに興味はあるけど、漢文はなぁ……という方に、ぜひ手にとっていただきたいそんな一冊です。
 最後に、私が一番好きな論語の一節を紹介して本文を終わりにしたいと思います。

子曰、知之者、不如好之者。好之者、不如楽之者。(雍也第六の二十)
  (子曰く、之を知る者は、之を好む者に如かず。之を好む者は、之を楽しむ者に如かず)


 大まかに訳すと、「ある物事を知っているという人は、それを好きだ!という人にはかなわない。また、その好きだ!という人も、楽しんでいる人にはかなわない」という内容になります。日本のことわざでいうところの「好きこそ物の上手なれ」ですね。私はこの言葉を座右の銘として、日々過ごしています。決して難しい言葉ではありませんが、こんな感じで意外と心に響く言葉が見つかるかもしれませんよ。

new_No11 あごひげックス用3
 
 本当に最後に。『ウンココロ』も面白いのでオススメです!(精一杯のフォロー)

参考文献
・『論語』 貝塚茂樹・著 1964.8.16 講談社
・『ウンココロ』 寄藤文平・画 藤田紘一郎・文 2010.11.15 実業之日本社 

----------------------------------------------------------------------

Author:あごひげックス

公開マイリスト
投稿したもの : http://www.nicovideo.jp/mylist/32362627

Twitter @AgohigeX

----------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

真人間P

Author:真人間P
「Pとこの一冊」寄稿者募集中
開催期間 4/19~5/25
詳しくは、「寄稿について」参照。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR